株式会社ドーモコーポレーションロゴ スローライフな環境づくり企業 株式会社ドーモコーポレーション トップページ | サイトマップ | お問い合わせ

お問い合わせ 03-3237-6955
リゾート&スパ栄養補助食品健康アドバイスオーガニックキッチン企業とスローライフ

身体がよろこぶ取っておきレシピ

毎月テーマに沿った美味しく楽しいオーガニックレシピをご紹介いたします。
オーガニックレストラン「チャオベッラ」の島田シェフによる
オリジナルレシピをぜひご家庭でもお試し下さい! シェフのレシピ

寒い冬が終わり、やっと春がやってきました。ポカポカした陽気に気分も明るくなりますよね。ところが、なんとなくだるい・やる気が出ない・肌が荒れる・アレルギー症状が出てきた・・・なんて方はいませんか?そこで今回のレシピは・・・

 『不調解消・春の解毒レシピ♪』

春は新陳代謝が活発になり、体が生まれ変わる季節です。春の野菜を使った解毒レシピで、冬に溜まった毒素を排出しながら、体をリセットしていきましょう!


☆金目鯛のソテー・ホタルイカのソース・春野菜のフリット添え☆

材料


◇ 材料〈2人分〉 ◇


   (材料)              (分量)
   
 <金目鯛>
   金目鯛            200g(大2切れ)
   自然塩            少々
   米粉              適量
   オリーブオイル        30cc

 < ソース >
  ※ホタルイカ          10杯
   アンチョビ           1枚
    玉葱              20g(小玉約1/10)
    にんにく            1/2片
   オリーブオイル        20cc
   自然塩            少々
  ※白ワイン           30cc
   アルカリイオンの水     適量

 < 春野菜 >
   ふきのとう          4個(15g)
    グリーンアスパラ      2本(60g)
   菜の花            2本(15g)
    カブ小             1個(80g)
   
 <フリット生地>
  ※薄力粉            45g(※60g)
  ※米粉              15g
   自然塩            少々
   ベーキングパウダー     3g
   アルカリイオン水      適量
   米油              適量
  
 <仕上げ>
  ※イタリアンパセリ       1枝
   ヴァージンオリーブオイル     少々




※春野菜は他にも「こごみ・ウド・竹の子」等でも美味しく出来上がります。

※イタリアンパセリが無い場合は普通のパセリで代用しても美味しく仕上がれます。

※米粉が無い場合は薄力粉を60gに増量しましょう。


☆ホタルイカは生ものが手に入らない場合には、ボイルした物でもOKですが、その際は炒める時間を短めにしましょう。

☆白ワインは魚介類の生臭みを取り、お料理にコクをプラスします。








作り方


  (金目鯛)
1.金目鯛は両面に自然塩をして米粉をつける。
2.
温めたフライパンにオリーブオイルを入れ@を皮目から焼き、きつね色になったら裏返して火を通す。

※鯛は調理前に常温に戻しておき、熱を全体に通りやすくしておきましょう。
※皮目から焼く際にフライ返し等で上から軽く押さえることで、皮がパリッとして美味しく召し上がる事が出来ます。

☆フライパンではなく、ご家庭にあるキッチングリルを利用して焼く事も出来ます。その際は米粉を付けず、塩のみで味付けをしましょう。


(ソース)

1.ホタルイカは背骨、くちばし、目玉を骨抜きでとる。
2.フライパンにオリーブオイルとみじん切りにした玉葱、にんにくを入れ、中火で透明になるまで炒める。
3.みじん切りにしたアンチョビとホタルイカを入れ、ソテーする。
4.白ワインと自然塩を少々加える。
5.アルカリイオンの水でソースのとろみを調節する。

※玉葱、ニンニクの甘い香りがしてから、Bの工程へと移りましょう。
※白ワインのアルコールを飛ばしてから水を加えましょう。

☆自然塩はアンチョビの塩味がきいているので少しでも充分です。

☆このソースはパスタソースとしても美味しく召し上がれます。


(野菜)
1.ふきのとうはさっと水洗いして、水気を拭き取っておく。
2.アスパラは5等分、菜の花は半分、カブは6等分にくし型にカットする。


(フリット生地)
1.薄力粉と米粉、ベーキングパウダー、塩をボールに入れ、少しずつアルカリイオンの水を箸で混ぜながら加える。
2.米油を約160度に温め、生地をつけた野菜をそれぞれ揚げる。

☆ベーキングパウダーを加えると表面がカリッとして美味しく召し上がれますので、必ず使用しましょう。
☆生地は水の量を調節しながら、重めに作ったほうが材料と絡んで調理しやすくなります。



(仕上げ)
1.お皿に金目鯛をのせ、回りにソースを置く。
2.金目鯛の上にフリットをのせる。
3.イタリアンパセリのみじん切りとヴァージンオリーブオイルをかける。










ポイント

不調解消・解毒レシピのポイントは?

ふきのとう・たけのこ・タラの芽・ウドなどの山菜や菜の花、グリーンアスパラ、キャベツなど春は野菜の豊富な季節です。そんな春野菜の独特の苦味には植物性アルカロイドが含まれ、腎臓のろ過機能を上げ解毒作用の効果があります。しかし、取りすぎるとお腹をこわすこともあります。
また、春野菜にはビタミンCやE、鉄や亜鉛などの微量元素が含まれ、動脈硬化などの原因と考えられる活性酸素を退治してくれます。


*主な春野菜の栄養素と効果*

ビタミンC活性酸素を除去 免疫力強化
 キャベツ・菜の花

βカロチン活性酸素除去 細胞の抑制化
 グリーンアスパラ

カリウム血圧降下作用
 セリ・ワケギ・たけのこ

ビタミンK解毒・利尿作用
 パセリ

アリシン活性酸素除去・疲労回復
 たまねぎ

アスパラギン酸乳酸などの疲労物質を除去
 グリーンアスパラ

グルタチオン活性酸素の除去・細胞の老化抑制
 グリーンアスパラ




〜ホタルイカの栄養〜

血中コレステロール濃度を低減させる作用のあるタウリンを多く含有しています。また、タウリンには細胞内浸透圧調整作用や血液中のコレステロール値の低減作用があることが確認されています。内臓にはビタミンAが豊富に含まれているので補給源として有効です。銅を含んでいるので貧血の予防、骨粗鬆症予防や動脈硬化の予防に役立ちます。



〜金目鯛の栄養〜

活性酸素を抑制するアスタキサンチンやDHA・EPAが含まれています。
また、疲れのもととなる乳酸を分解する、ビタミンB1が比較的多く含まれていますので疲労回復やストレスにも効果があります。







シェフプロフィール

シェフ写真 島田伸幸
オーガニックレストラン「cuisine nature CiaoBella チャオベッラ」
オーナーシェフ。
EUOFA(ヨーロッパオーガニック協会)会員、栄養士。
有機・無農薬野菜や水、ハーブ、調味料などの基本食材にも こだわり、身体に優しい料理を提供し続けると共に「香と健康」をテーマにした「アロマ&イタリア料理教室」や、「アンチエイジング」「スローフード」「マクロビオティック」などをテーマにした食セミナーなど様々な料理教室も手がける。

チャオベッラHP http://www.ciaobella.jp/

身体がよろこぶ取っておきレシピバックナンバー
お勧めレシピを見る

島田シェフ監修によるドーモコーポレーション
のお勧めレシピ集です。
※ドーモコーポレーションの商品「メティス」の
HPにリンクします。