株式会社ドーモコーポレーションロゴ スローライフな環境づくり企業 株式会社ドーモコーポレーション トップページ | サイトマップ | お問い合わせ

お問い合わせ 03-3237-6955
リゾート&スパ栄養補助食品健康アドバイスオーガニックキッチン企業とスローライフ

身体がよろこぶ取っておきレシピ

毎月テーマに沿った美味しく楽しいオーガニックレシピをご紹介いたします。
オーガニックレストラン「チャオベッラ」の島田シェフによる
オリジナルレシピをぜひご家庭でもお試し下さい! シェフのレシピ


落ち葉が風に舞い、冬の訪れを感じる今日この頃。私達の身体の新陳代謝も停滞し不調を感じやすくなる時期です。
 そこで今回のレシピは・・・

  『食事バランスで免疫UP♪』

この時期に収穫される食材には様々な栄養素が含まれると言われています。旬の食材から必要な栄養をしっかり摂り、免疫力をUPしながら冬に備えましょう!



☆牡蠣とゴルゴンゾーラのフリット、かぶのソース☆

材料



◇ 材料〈2人分〉 ◇


   (材料)                  (分量)
   
    牡蠣                  200g(中8個)
   うすい塩水                  適量
   
   ゴルゴンゾーラチーズ        20g
   (5gずつに切る)
   パートブリック又は春巻きの皮  2枚
   (半分に切る)
   米油又はサラダ油         適量
   水溶き小麦粉            少々

  (ソース)
    かぶ                 100g(小2個)
   玉葱                 30g(1/8個)
   オリーブオイル           小さじ1
   水                   100g
   塩                   少々
   
   
   
   

牡蠣は一般に市販されている物で十分ですが、生食用を使用したほうが安心です。




作り方




1.塩水で牡蠣を洗い、水気をとる。
2.黒胡椒をふった牡蠣とゴルゴンゾーラをパートブリックで包み、水溶き小麦粉を塗りしっかりとくっつける。

3.(ソース)
フライパンにオリーブオイルとスライスした玉葱を入れ弱火で透明になるまで炒め、スライスしたカブを加えて色づかないように炒める。塩、水を加え5分煮る。あら熱が取れたらミキサーに入れピューレにする。

4.(仕上げ)
包んだ牡蠣を約170℃の油で約3分揚げる。皿にカブのソースをしき、揚げた牡蠣をのせる。


※ゴルゴンゾーラは塩分が強いので塩は控えめにしておきましょう。

☆ソースの玉葱を炒める際は焦げ付かないように注意して調理しましょう。



◇パートブリック◇
 小麦粉から作られる28cmの円形パートブリックは本来チュニジア料理としてフランス料理に取り入れられてきました。ベトナムではライスペーパー、インドではナン、メキシコではトルティアなどのように、小麦粉、米粉から作られたクレープ感覚の食材として製菓や料理に用いられています。日本においては「春巻きの皮」といったところでしょうか。








ポイント
〜牡蠣の栄養〜


●牡蠣の旬(11月〜2月)
 牡蠣は良質なたんぱく質を含み、消化吸収の良いエネルギー源です。グリコーゲンも富むことから幼児や、老人、病後の人の滋養に含み卵の2倍、牡蠣は貧血予防に最適です。
また、脂溶性および水溶性ビタミンCを多量に含み、ミネラルが豊富です。その他にも、貧血予防に役立つ鉄分や銅を多量に含み骨を丈夫にしたり心臓病の予防に役立つマグネシウム、味覚正常に保つ亜鉛などが多く含まれています。タウリンも多く、血漿中のコレステロールを下げたり、血圧降下作用も期待できるといわれています。


〜カブの栄養〜

●カブの旬(4月〜6月・10月〜12月)

カブは胃腸を温め冷えが原因とされる腹痛を和らげる効果があります。また、根と葉の栄養成分が違う食品でもあります。根は淡色野菜でビタミンCを多く含み、でんぷん消化酵素のアミラーゼを含んでいます。アミラーゼは胸焼けや食べすぎの不快感を取り腸内環境を整える作用があります。葉は緑黄色野菜でカロチン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維など含んでます。




ポイント

風邪ウィルスなどあらゆる病原菌から身体を守るには、免疫力、抵抗力を高めることが大切です。免疫機能を正常に維持させるために必要なビタミンA・C、亜鉛を摂る事、栄養バランスの良い食生活を送る事が効果的です。
特に牡蠣には亜鉛をたっぷり含んだミネラルの宝庫であるとともに、コレステロールに働きかけるタウリンも多く含んでいます。亜鉛は、風の予防に重要な働きをする栄養素なので、免疫細胞の働きを活性化させ粘膜の健康を保つビタミンAを体内に留めます。







シェフプロフィール

シェフ写真 島田伸幸
オーガニックレストラン「cuisine nature CiaoBella チャオベッラ」
オーナーシェフ。
EUOFA(ヨーロッパオーガニック協会)会員、栄養士。
有機・無農薬野菜や水、ハーブ、調味料などの基本食材にも こだわり、身体に優しい料理を提供し続けると共に「香と健康」をテーマにした「アロマ&イタリア料理教室」や、「アンチエイジング」「スローフード」「マクロビオティック」などをテーマにした食セミナーなど様々な料理教室も手がける。

チャオベッラHP http://www.ciaobella.jp/

身体がよろこぶ取っておきレシピバックナンバー
お勧めレシピを見る

島田シェフ監修によるドーモコーポレーション
のお勧めレシピ集です。
※ドーモコーポレーションの商品「メティス」の
HPにリンクします。