株式会社ドーモコーポレーションロゴ スローライフな環境づくり企業 株式会社ドーモコーポレーション トップページ | サイトマップ | お問い合わせ

お問い合わせ 03-3237-6955
リゾート&スパ栄養補助食品健康アドバイスオーガニックキッチン企業とスローライフ

身体がよろこぶ取っておきレシピ

毎月テーマに沿った美味しく楽しいオーガニックレシピをご紹介いたします。
オーガニックレストラン「チャオベッラ」の島田シェフによる
オリジナルレシピをぜひご家庭でもお試し下さい! シェフのレシピ

間もなく花粉の本格シーズンを迎えます。美味しいものを食べて、なおかつ花粉症対策にもなってしまう。そんなレシピがあったら嬉しいですよね!そこで、オーガニックキッチン第3回目のテーマは、

「花粉症対策レシピ 〜パスタ編〜」

今回のメニューは、全粒粉のスパゲティを使っています。全粒粉のスパゲティは噛み応えがあり、小麦の風味が口いっぱいに広がります。普通、スパゲティを食べる時はソースや具の味を楽しみますが、このお料理はイワシときのこの美味しさはもちろん、スパゲティ自体にも力強い旨みがあります。

イワシときのこの全粒粉オーガニックスパゲティ

材料

◇ 材料〈2人分〉 ◇
(材料)           (分量)
スパゲティ          160g
イワシ             2尾
シイタケ            4枚
シメジ             1パック
マッシュルーム       4個
オリーブオイル        50cc(1/4カップ)
ニンニク            1/2かけ
鷹の爪            少々
松の実            30粒
アンチョビフィレ       1/2枚
塩               少々
胡椒             少々
強力粉            適量

◇ 仕上げ ◇
イタリアンパセリ      1/2枝
ヴァージンオイル      小さじ1


作り方

  1. シイタケ、マッシュルームはスライスし、シメジは適当な大きさにほぐす。
  2. イワシは3枚に下ろして骨を抜き、塩、胡椒をして強力粉をまぶす。
  3. オリーブオイル小さじ2杯を熱したフライパンで2のイワシを両面色よく焼いて取り出しておく。
  4. 別のフライパンに残りのオリーブオイルときのこ類、ニンニク、松の実、鷹の爪を入れ、弱火でゆっくり熱する。
  5. にんにくが薄く色付いたらアンチョビのみじん切りをいれ、茹で汁大さじ2杯を入れる。
  6. イワシを3つにカットし、4に加える。
  7. 0.8%の塩(分量外)の入ったお湯で茹でたスパゲティも4に加え、塩で味を整えてお皿に盛る。
     ※イワシは、フライパンではなく塩、胡椒をして魚焼きグリルで焼いても良い。
     ※スパゲティは、具が出来上がるタイミングに茹で上げるようにする。


《仕上げ》
  1. イタリアンパセリのみじん切り、ヴァージンオイルをかける。
    


ポイント
〜その1〜 全粒粉スパゲティ
一般的な小麦粉は、刈り取った小麦を精製(種皮や胚芽等を取り除く)してから粉にするため白いのですが、全粉粒の小麦粉は未精製で、表皮や胚芽を取り除かないでそのまま粉にするため茶色っぽい色をしています。
そして表皮や胚芽にはビタミンやミネラル、さらには食物繊維が豊富に含まれています。また、「オーガニック」というのは有機栽培された作物のことで、農薬や化学肥料を使用せずに作られた安全な作物です。
全粒粉パスタは、様々なメーカーから出ています。
その中でも、島田シェフイチオシの全粒粉パスタが「ラ・テラ・エ・イル・チェロ」というイタリアの農業協同組合から出ている、「オーガニック カムット スパゲティー(5部搗き)」です。(写真参照)
このパスタは、大型の専門店やインターネットショップで購入することが出来ます。
石臼で引いた古代小麦カムットの五分搗きで作られており、栄養価が高く、くるみ風味のほのかな小麦の甘みあるパスタです。和風のソースや、ナッツ類が良く合います。


ポイント
〜その2〜 花粉症対策食材

 イワシ
  イワシや鯖などの青背の魚に含まれるDHAやEPAは、免疫機能を正常にして
  アレルギー症状を抑える働きがあるといわれています。


 きのこ類
  きのこ類に含まれる多糖類βグルカンは免疫を活性化し、抵抗力を高めます。
  今回のレシピでは、スパゲティの量に対して特にたっぷりときのこ類を使用しています。


ポイント
〜その3〜 花粉症などのアレルギー反応を緩和する食生活

  ◇肉類など動物性タンパク質は控え目に取る。
  ◇食物繊維を十分に取る。
  ◇食品添加物(保存料や防腐剤)の入った加工食品の摂取を控える。
  ◇季節の旬の食材を利用する。
  ◇〜有効な食材〜
    緑茶、青魚、きのこ、ほうれん草、小松菜、春菊、ヨーグルト、シソ、ハーブティ等


シェフプロフィール

シェフ写真 島田伸幸
オーガニックレストラン「cuisine nature CiaoBella チャオベッラ」
オーナーシェフ。
EUOFA(ヨーロッパオーガニック協会)会員、栄養士。
有機・無農薬野菜や水、ハーブ、調味料などの基本食材にも こだわり、身体に優しい料理を提供し続けると共に「香と健康」をテーマにした「アロマ&イタリア料理教室」や、「アンチエイジング」「スローフード」「マクロビオティック」などをテーマにした食セミナーなど様々な料理教室も手がける。

チャオベッラHP http://www.ciaobella.jp/

身体がよろこぶ取っておきレシピバックナンバー
お勧めレシピを見る

島田シェフ監修によるドーモコーポレーション
のお勧めレシピ集です。
※ドーモコーポレーションの商品「メティス」の
HPにリンクします。